CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
教育・大学受験
amazon
ワーキングホリデー
リクルート進学ネット
楽天
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
大学受験向けの参考書や役に立つサイトなどを個人的な見解で紹介しています。
<< 本屋に行ってきた・・・・・ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
参考書と問題集の区別
参考書:学習科目の体系立てた解説をしている本

問題集:学習科目の理解度を確認する問題を集めた本 

 もちろん、参考書と言っても、問題がついてるものや説明のために例題を使いながら解説するものもある。

問題集と言っても解説が詳しいものと様々なんだけど。 

それぞれの本の性格として、解説中心のものと問題中心のものに分かれる。 

さらに複雑になるのが、参考書や問題集でも、それぞれの編集で性格が違うんだよね。 

一般的に参考書と言っても、不明点があったときに辞書引きするように使うものや、1ページ目から順番に読んでいくことで理解をしていくものもある。 

問題集も、章立てで項目別に編纂してある問題集もあれば、出題形式別にまとめてあるものもある。

さらには、実際の試験本番のそのままに、過去問だってある。 

このどれも問題集だ。 

ざっと思いつくまま書いたけど、これさらにレベルや難易度と言ったものまで考慮しないとならないよね。 

適切な指導者や信じる授業がある人へと、まったく1から自分で学習を進めなければならない人へは、勧めるべき本もかわる。 

正直、ここまで書いただけで、それぞれの状況が違う、ブログの向こうのみんなに説明していくのって無理かなって・・・・ 

挫けそうになった。 適当に、問題集や参考書を紹介していけば良いかなとも思ったけど・・・・ 

うーん、やっぱり、それなら何にも解説しないほうが良くなるしね。

ただ、惑わすだけになるもんね。 

なので、しんどいというか、完璧は無理だけど。 

指導者や先生がいる人は、その方に相談しようね。 

ボクは、周りにそういう人がいない人のために紹介をしていくことにするね。 

それから、紹介する本が絶対ってわけじゃなく、自分が既に使ってるものが代わりになると思えば、
もちろん、それを使えばいいと思うよ。

いま、ボクが考えるベストを紹介しようと思います。


| - | 15:18 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 15:18 | - | - | pookmark | 昨年の記事
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/11/29 5:19 PM |









http://daigoukaku.jugem.jp/trackback/1386